198.再生研究の新しいモデル実験動物ヤマトヒメミミズ(1999)

Myohara, M., C. Yoshida-Noro, F. Kobari and S. Tochinai (1999) Fragmenting oligochaete Enchytraeus japonensis: A new material for regeneration study. Develop. Growth Differ. 41: 549-555
Inomata, K., F. Kobari, C. Yoshida-Noro, M. Myohara and S. Tochinai (2000) Possible neural control of asexually reproductive fragmentation in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Enchytraeidae). Invertebrate Reproduction and Development 37(1): 35-42
Schmelz, R. M., R. Collado and M. Myohara (2000) A taxonomic study of Enchytraeus japonensis (Enchytraeidae, Oligochaeta): Morphological and biochemical comparisons with E. bigeminus. Zoological Science 17: 505-516
Yoshida-Noro, C., M. Myohara, F. kobari and S. Tochinai (2000) Nervous system dynamics during fragmentation and regeneration in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida). Dev. Genes Evol. 210: 311-319

1.ヤマトヒメミミズは通常の飼育条件下では専ら砕片分離と呼ばれる無性生殖によって増殖する。すなわち、成長した個体は一度に約10断片に分裂し、各断片はそれぞれ約4日で完全な体に再生したのち、約10日で元の長さにまで成長して再び砕片分離を行うことがわかった。

2.分離断片からの個体再生において、頭部と尾部の再生は再生芽形成を伴う付加再生であるが、消化管を含む中間部分の再生は古い組織の分化転換を伴う形態調節によって行われることが明らかになった。

3.砕片分離(無性生殖)は個体の頭部を切断することによって誘導できることが見いだされた。

4.飢餓個体を寒天培地から腐葉土に移して低密度で飼育すると、約2週間で有性生殖が誘導されることが明らかになった。


 研究成果の目次に戻る