蚕 種 総 論

著者:高見丈夫   

発行:全国蚕種協会
(昭和44年5月31日)

発刊のことば(全国蚕種協会会長 矢沢泰明)  序(高見丈夫)

目次

全編を通しでご覧になりたい方は、こちらからご覧下さい。各章ごとにご覧になりたい方は、章のタイトルをクリックして下さい。

T 家蚕の生殖器官
1 生殖腺の発生

2 雌の生殖器官
 A 卵巣
  a 幼虫
  b 蛹
   i 卵巣の発育および造卵数
   ii 卵黄および欄間区の形成
  c 蛾
 B その他の器官
  a 内部生殖器官
  b 外部生殖器官

 C 雌生殖器官の異常
  a 正常型の個体変異
  b 遺伝的な異常
  c 偶発的な異常

3 雄の生殖器官
 A 睾丸
  a 睾丸の発育および精子の形成
  b 無核精子及び精子の長さ
 B その他の器官
  a 内部生殖器官
  b 外部生殖器官
 C 雄生殖器官の異常
U 原蚕飼育と造卵および蚕卵
1 体内環境と造卵および蚕卵
 A 蛹重
 B 卵の造成と絹物質の造成との関係


2 飼育環境と造卵および産卵
 A 飼料
  a 葉質
  b 給桑量
  c 葉質および給桑量と次代蚕 
 B 飼育環境
  a 温湿度
  b 光線その他

 C 条桑育および屋外育
V 上蔟・種繭保護と造卵および産卵
1 上蔟・吐糸

2 卵母細胞および蛹の発育階程

3 蛹の保護
 A 蛹の保護
  a 保護環境と蛹期間
  b 化蛹までの蔟中保護温度と蛹期間
  c 発育段階別保護温度と蛹の発育
 B 保護温度と造卵および蚕卵
  a 造卵数、産卵数
  b 保護温度と卵の代償
  c 保護温度と卵の越年性
  d 保護温度と孵化の良否
   i 越年種
   ii 人工孵化種
4 発蛾調節のための蛹の保護
 A 温度管理
 B 光線管理

5 蔟中および蛹の保護環境と各種の障害
 A 温湿度による障害
 B 炭酸ガスによる障害
W 採種
1 雌雄分離
 A 性徴による雌雄鑑別
 B 限性遺伝の利用による雌雄鑑別
 C 繭重による雌雄鑑別
 D 蛹の体幅による雌雄鑑別
 E その他の方法
  a 物理的方法
  b 孵化の早晩と雌雄

2 発蛾
 A 発蛾の行動
  a 発蛾および脱繭
  b 脱繭不能蛾
 B 発蛾の早晩
  a 発蛾の早晩と産卵
  b 発蛾の早晩と化性

3 交尾
 A 交尾時間
  a 交尾時間と受精
  b 交尾時間と産卵
 B 雄蛾の使用回数
 C 交尾中の管理
  a 温度
  b 光線

4 蛾の抑制
 A 雌蛾の抑制
 B 雄蛾の抑制

5 産卵
 A 産卵中の管理
  a 温度
  b 光線
  c 産卵不良蛾             性状
  d 産卵順序および産卵状態と蚕種の
 B 産み着け場所
  a 産み着け面の角度
  b 産み着け面の性質
  c バラ種台紙用糊料
X 化性
1 越年性の管理
 A 化性の変化
  a 温湿度および光線による変化
  b 遺伝性
  c その他の原因による化性変化
 B 休眠
  a 休眠の完成
  b 休眠の解消(活性化)
2 休眠の生理
 A 抑制質
 B 休眠に伴なう卵内の変化
 C 休眠ホルモン(休眠要因)
Y 蚕卵の形態、発生および生理
1 受精前の蚕卵の形態

2 発生
 A 受精
 B 胚の発育階程
  a 前休眠期
  b 休眠期
  c 越冬期
   d 臨界期
   e 器官形成期
   f 完成期

3 生理
 A 水分
 B 呼吸
  a 不越年性卵
  b 越年性卵
 C 発育
  a 胚の成長
  b 卵重の変化
 D 環境
  a 温度
  b 湿度
  c 光線
  d その他の条件
Z 越年蚕種の保護・取扱い
1 春採り蚕種
 A 蚕卵から休眠の完成まで
 B 休眠完成から初冬期まで
 C 人工温度について
 D 越冬期
  a 単式冷蔵法
  b 中間手入れ式冷蔵法
  c 複式冷蔵法

2 初、晩秋および初冬採り蚕種
 A 初、晩秋採り蚕種
 B 初冬採り蚕種
3 蚕卵の簡易解剖法および孵化調査の注  意
 A 蚕卵の簡易解剖法
  a 熱湯固定による方法
  b 生体解剖法
 B 孵化調査の注意
[ 人工孵化
1 浸酸成績に影響する一般的な条件
 A 蚕卵の条件
 B 塩酸の条件
  a 夾雑物
  b 濃度の調整
  c 浸酸による塩酸濃度の変化
 C 塩酸液の濃度と浸漬時間との関係
 D 塩酸液の温度と浸漬時間との関係

2 即時浸漬
 A 加温即時浸漬
  a 浸酸
  b 浸酸前冷蔵
  c 脱酸、乾燥
  d 比重1.10の塩酸液による加温浸酸
 B 常温即時浸酸
 C 不越年種および即時浸酸種の冷蔵
  a 不越年種
  b 加温即時浸酸種
  c 常温即時浸酸種

3 冷蔵浸酸
 A 冷蔵浸酸の基本問題
 B 冷蔵浸酸の施行標準
  a 冷蔵期間40日以上の場合
  b 冷蔵期間40日未満の場合
 C 冷蔵浸酸種の再冷蔵
 D 浸酸奏功の判定

4 浸酸および浸酸後の冷蔵による蚕種の   障害
5 随時孵化および冬掃き蚕種の浸酸
 A 随時浸酸
 B 冬掃き蚕種の浸酸

6 人工越冬
\ 催青
1 催青の準備
 A 予備催青
 B 催青室および催青用具の準備、消毒
 C 蚕種および蟻蚕の消毒
2 催青条件
 A 温度
 B 光線
 C その他の条件            催青
 D 二化性種を不越年化させるための
 E 催青条件と眠性の変化
3 催青中の蚕種の冷蔵および蟻蚕の抑制
 A 催青中の蚕種の冷蔵
 B 蟻蚕の抑制
 C 蟻蚕の2夜包み、3夜包み
] 蚕種の調製および輸送
1 洗落し
 A 洗落しの時期および水温
 B 比重選
 C 蚕種の膠着防止
2 卵量と蟻量

3 蚕種の輸送
]T 蚕種の事故
1 事故蚕種の形態と原因
 A 無着色卵
 B 着色死卵
  a 催青着手前の越年種にみられるもの
  b 越年種の催青を始めてから発現する    もの
  c 人工孵化種にみられるもの
 C 淡色卵
 D 白ハゼ卵
 E 卵液の滲出
 F 卵黄膜の剥離
 G 点催青死卵
 H 不孵化卵
 I 卵殻喰破りの異常
 J 再出卵
 K 孵化不斉
 L 蟻蚕の畸形
 M 死蟻

2 病毒の経卵伝達
 A ウイルス病の経卵伝達
 B 経卵伝達の証明
 C 蚕種の実際問題
 D 蚕種の立場からの対策

引用文献

(本ページは、全国蚕種協会の許可を受けてディジタル化しております)

 SilkNewWaveのページに戻る