第23回製糸夏期大学

昭和45(1970)年7月29日〜7月30日

 信州大学繊維学部助教授 宮坂正治   未来学から見た絹および製糸業の展望 (19kb)
 技術士 由井千幸   生糸揚返しの合理化について  (309kb)
 信州大学繊維学部長 白樫 侃   繊維産業合理化の現状 (470kb)
 日本蚕糸事業団理事 縫島次男   海外の蚕糸絹業情勢について (501kb)

《研究会》 製糸工程への電算機の導入について
司会:岡谷製糸試験所長 牧  裕
 東京農工大学工学部助教授 松行康夫   超小型電子計算機による製糸プロセスオートメーション (169kb)
 信州大学繊維学部助教授 嶋崎昭典   自動生産システムを中心にして  (767kb)
 蚕糸試験場特殊生糸研究室長 吉住 章   計算機導入と情報の収集  (237kb)
 グンゼ株式会社生糸事業部 渡辺敏彦   製糸経営の立場から (65kb)

 「製糸夏期大学」目次に戻る        SilkNewWaveのページに戻る