第35回製糸夏期大学

昭和57(1982)年7月20日〜7月21日

 東京農工大学工学部教授 北村愛夫   製糸工程における繭および生糸と水分 (1,482kb)
 蚕糸試験場生理部長 伊藤智夫   養蚕技術の現状と展望−人工飼料育を中心として−  (972kb)
 蚕糸試験場製糸部長 小河原貞二   今後の製糸技術の課題 (423kb)
 蚕糸試験場中部支場製糸試験部主任研究官 小林貞美   落繭分離繰糸法とその生糸品質について  (1,815kb)
 東京都立繊維工業試験場編織技術部長 平栗 昇   絹需要拡大の道 (213kb)
 長野県繊維工業試験場研究員 木下晴夫   煮繭のシステム化に関する研究 (782kb)
 吉田生糸株式会社製造部長 高橋 真   最近の情勢への製糸工務の対応 (24kb)

 「製糸夏期大学」目次に戻る        SilkNewWaveのページに戻る