第55回製糸夏期大学
2002 Silk Summer Seminar in Okaya

平成14(2002)年7月25日〜7月26日

 東京大学教授 小林正彦   蚕糸研究活用術−生き残り戦略を探る− (119kb)
 BRATAC専務取締役 茂原 勉   ブラジルの蚕糸業の沿革と現状  (720kb)
 蘇州大学材料工程学院教授 陳 慶官   中国製糸業の現状とシルク産業
  −山東省における近年の製糸業の現状と品質−
(573kb)
 藤村製絲椛纒\取締役専務 坂本 雅   21世紀における日本の製糸 (2,248kb)
 玉川大学農学部講師 八並一寿   桑葉の効用とその利用 (2,247kb)
 東京農工大学工学部教授 朝倉哲郎   シルク研究の新しい展開 (770kb)

 「製糸夏期大学」目次に戻る        SilkNewWaveのページに戻る