発刊にあたって

 最近の蚕糸絹業は、未曾有の難局にあります。このような情勢にあるときこそ技術の真価が問われるのではないでしょうか。
 日本製糸技術経営指導協会では、これまでも製糸の技術に関する参考資料を、学識経験者の執筆により発行してきました。本書は、製糸工場における『繰糸実務者』が遵守しなければならない作業の基本技術のパターンを摘示し、解説し、習熟させる方策を集めたものです。
 従来までも、個別の製糸業者、製糸工場では何らかのマニュアル書を作成し繰糸実務者のトレーニングが行われていました。本書では、これらマニュアル書の一部も参考にしていただきながら「現代風」に執筆して頂いております。
 情勢が厳しい時こそ技術に課せられた使命は重大です。多くの製糸関係者がせいぜい御利用くださいますよう期待しております。
 本書の構想は、当協会の技術経営改善評議委員会において提議して頂いたものです。そしてこの構想に基づいて製糸業近代化推進検討委員会で討議を重ねて頂きました。
 編集委員として、嶋崎委員(委員長)、大槻委員、勝野委員、水出委員、渡辺委員が当たられました。
 なお、執筆は、Tは勝野委員、U〜Xは水出委員、Yは大槻委員にお願いしたほか、渡辺委員には貴重な自作のマニュアル資料の御提供をしていただきました。
 ここに、委員の皆様はじめ御協力頂いた多くの皆様に深く感謝を申し上げて発刊にあたっての言葉と致します。

   平成7年3月

日本製糸技術経営指導協会
 会長 須 藤  敬


平成6年度技術経営改善評議委員会委員

大槻  智 日本製糸協会 工務専門委員長(日本シルク梶@顧問)
勝野 盛夫 蚕糸科学研究所 所長
河瀬 和夫 飛騨繭糸販売農業共同組合連合会高山社 工場長
嶋崎 昭典 信州大学 名誉教授
間  和夫 前蚕糸科学研究所 所長(平成6年11月御逝去)
長谷川 茂 株式会社大和三光製作所 取締役営業企画部長
水出 通男 駒沢女子短期大学 講師
   
(助言者)  
西出 照雄 蚕糸・昆虫農業技術研究所生産技術部生産技術研究官

平成6年度製糸業近代化推進検討委員会委員

瓜生 虔二 昭栄株式会社 常務取締役生糸事業部長
大槻  智 日本製糸協会 工務専門委員長(日本シルク梶@顧問)
勝野 盛夫 蚕糸科学研究所 所長
木村 信行 株式会社吉野組製糸所 専務取締役
小林  安 小林テキスタイルエンジニヤリング株式会社 社長
嶋崎 昭典 信州大学 名誉教授
水出 通男 駒沢女子短期大学 講師
宮腰 一博 株式会社宮腰織物工場 専務取締役
渡辺 敏彦 元ブラジル・グンゼ製糸株式会社 社長
   
(助言者)  
西出 照雄 蚕糸・昆虫農業技術研究所生産技術部生産技術研究官
高林 千幸 蚕糸・昆虫農業技術研究所生産技術部製糸技術研究チーム長

 目次に戻る     SilkNewWaveのページに戻る