[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
Subject: [silkmail:75] Re: silkmail <Chikayoshi Kitamura > 2002/01/30

>買ったところの説明によると糸を紡ぐとき巻き取った最初の部分だそうで、
>直径1センチ位の棒(銅)に巻き取ったものを、切り裂いてあります。
>50グラムぐらい精練しましたが、時々銅のイオンで糸が緑になっていたり
>サナギの皮が入っていたりするものもありました。
>
この感じだったら、切り繭でも十分使えそうですよね。以前、横浜の方の方が
「どこかで切り繭がないかしら」と問い合わせてこられたのを思い出しました。
それと、ガラ紡を使ってもいいのかも知れませんね。
誰かフォローしてください。

>と言うわけで、ぜんまい紬はクズ繭と引くという話以外の
>手掛り無しだったのです。ぜんまい織「星女の布」展というのが
>銀座で去年11月にあり、見に行きました。その主催者から(星女さんは故人)
>ご家族に問いあわせてもらって製糸所から分けてもらいました。

米沢市にある「原始布・古代織参考館」に行ったときにぜんまい紬をやって
られるのを見ました。
http://www.naro.affrc.go.jp/archive/nias/silkwave/silkmuseum/YYKodai/kodai.htm
に紹介してあります。
ぜんまいのヒゲを集める方が大変じゃないんですか?

Chikayoshi Kitamura (NIAS/MAFF) kitamura@affrc.go.jp