[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
Subject: [silkmail:89] 今 <Kazuhiro Hirose > 2002/02/17

北村さんは書きました。
「個人で扱える分だけでいいので、色々な特徴ある繭が欲しいという要望を束ねて、
少量
他品目生産をする養蚕というのが、これからの一つのあり方にならないでしょうか?
 趣味の世界、と馬鹿にしないで、真剣に検討してみる価値があると思うのですが・
・・・」
と。
福島の製糸工場が止め、今問題になっているの我が国の養蚕業、製糸業が生き残れる
かと私は切実に感じます。
趣味の世界に農業生物資源研究所が必要ですか。
農業生物資源研究所は農業、産業の振興のため基礎研究をやるところでしょう。
私は趣味の世界のためでなく、また過去の懐かしさのみ感じるのではなく、未来のた
めに今その働き(農業、産業の振興のため基礎研究)を熱望しています。


(株)ひろせ   HIROSE CO.、LTD
廣瀬収宏   Kazuhiro Hirose
silkhiro@avis.ne.jp