[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
Subject: [silkmail:203] Re: はくぎんについて 2004/06/23 <Keisuke Mase >

米山妙子様
間瀬(生物研・松本)です。

山本前チーム長からのレスポンスが無いようなので、僭越ではございますが私から知
る範囲のことをお答えさせていただきます。

> 今年初めて、はくぎんを少量飼っています。
> あまり桑を食べさせると糸が太くなると聞きましたが、本当でしょうか。

確かにそのような傾向はあるようです。思ったより虫や繭が大きくなると1.9〜2d近
くになることもあるようです。特に5齢期には給桑量を加減した方がよいと思われま
す。また、当然飼育や上蔟温度が低いと成長や動作も緩慢になり繊度に影響が出るか
もしれません。飼育(23〜25度)、上蔟(22〜24度、70%以下)を目標に
管理してみて下さい。

> はくぎん飼育の注意点がありましたら、教えていただけませんか?
> 心配なのは、はくぎんは回転まぶしには入らないと聞いたのですが。
> よろしくお願い致します。

松本では回転蔟を使っていないので解りませんが、繭の大きさは普通繭よりやや小さ
めであるためカイコが繭を作りづらいかもしれません。?粒当たりのスペースを小さ
くしてやった方がいいかもしれませんが、入らないことはないと思います。小石丸の
場合、小さめの回転蔟を使っていると聞いたことがありますが、参考にされてはいか
がでしょうか?しかし「はくぎん」は小石丸の繭より大きいはずです。この件に関し
てより詳しい方がありましたら、さらなる御意見お願いいたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
間瀬 啓介  
〒390-0812  長野県松本市県1-10-1
独立行政法人 農業生物資源研究所
生産工学研究グループ  新蚕糸技術研究チーム
mail:mase@nias.affrc.go.jp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++