[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
Subject: [silkmail:204] 2004 Silk summer seminar in Okaya 開催のご案内 2004/06/28 <kenchi@nias.affrc.go.jp>

 各位

 うっとうしい梅雨の季節ですが、皆様方におかれましては益々ご健勝のことと
 お慶び申し上げます。
 さて、本年度も標記イベントを下記により行いますので、ご案内申し上げます。
          記
2004 Silk Summer Seminar in Okaya
        −第57回製糸夏期大学−   

場 所 : ホテル岡谷(岡谷市中央町一丁目4番12号)TEL.0266-22-0555
日 程 : 平成16年7月22日(木)・23日(金)

第1日目 7月22日(木)
午後 1:30〜 1:40 開講あいさつ

1:40〜 2:30 今後の蚕糸業と大日本蚕糸会・研究所の役割
(財)大日本蚕糸会 副会頭
           蚕糸科学研究所 所長         佐藤  豊 氏

     2:30〜 3:10 「ぐんまシルク」によるオリジナル・ニットの商品展開
     (有)ミラノリブ 代表取締役社長 笹
     口 晴美 氏

3:10〜 3:30 休憩 (20分間)

3:30〜 5:00  これからの絹を考える
元農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所 研究室長
元(財)大日本蚕糸会 蚕糸科学研究所 研究員 小松 計一 氏

5:20〜 懇 親 会

第2日目 7月23日(金)

午前 9:00〜 9:50 シルクテクノロジー研究の展開方向
      独立行政法人農業生物資源研究所
             昆虫生産工学研究グループ長      町井 博明 氏

 9:50〜10:50 日本の絹の美しさとファッション
静岡文化芸術大学大学院 教授     深井 晃子 氏

10:50〜11:00  休憩 (10分間)

11:00〜12:00 ヨコハマ・ブランドシルクの復活に挑む
    (株)椎野正兵衛商店 代表取締役社長 椎野 秀聰 氏

   12:00〜 閉講のことば

対 象 : 一般
参加費 : 1,000円  テキスト代有料(代金未定)
懇親会費:6,000円

 主 催:製糸技術研究会 
      独立行政法人 農業生物資源研究所 昆虫生産工学研究グループ
             生活資源開発研究チーム内
             〒394-0021 長野県岡谷市郷田一丁目4番8号 
      (問合せ・申込み先)TEL.0266-22-3664 FAX.0266-22-3094
E-mail: silkseminar@nias.affrc.go.jp
 共 催:独立行政法人 農業生物資源研究所
協 賛:岡谷市・日本製糸技術経営指導協会・蚕糸懇話会
後 援:岡谷商工会議所・シルク・サミット実行委員会
------------------------------------------------
中島健一

独立行政法人 農業生物資源研究所
昆虫生産工学研究グループ 生活資源開発研究チーム

〒394-0021 長野県岡谷市郷田 1-4-8
TEL : 0266-22-3664〜6
FAX : 0266-22-3094
E-mail: kenchi@nias.affrc.go.jp