[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
Subject: [silkmail:216] Re: ブータン染織ワークショップを開きます 2004/10/27 <atsuko kubo >

北村様

ホームページをみていただいてありがとうございました。
ブータンのシルクは、もともとはエリ蚕が多かったようです。
野蚕に近いものだったようですが、アッサムと地理的につながってお
り、アッサムから糸そのものが入るので最近は糸の形で買ってくるほう
が多いようです。
蛾が孵化した後のくず繭をスピンドルで紡ぐのですが、それでもまれに
蚕を殺してしまうこともあり仏教徒としての意識から、その仕事を嫌う
という理由もあったようです。
シルクの糸は、光沢が少なく、ガサガサした感じもあり、独特の風合い
があります。
草木の染め、縦浮織りを特徴とする「ブラ」という布で仕立てた民族衣
装がその代表です。
男女ともに用いますが、特に男性の正装用の衣装として誰でも一着は
持っているものです。

あまり上手に説明できませんが、お役に立てれば幸いです。

ヤクランド(ブータンゆっくり勉強会) 久保淳子
Atsuko KUBO
yak@nifty.com
http://homepage1.nifty.com/yak/