[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
今日の「日刊工業」紙に“「幻の甲斐絹」復活へ”というタイトルで山梨県富士工業
技術センターの取り組みが紹介されていました(要旨は以下のとおり)。この地方で
はどんな繭品種を使っていたのでしょうか?松本の特徴ある品種、岡谷の技術、小淵
沢の保存品種等、新蚕糸技術研究の成果などが活用されると良いのですが。
----------------------------------------------------------------------------
甲斐絹の故郷は富士吉田市はじめ山梨県東部・富士山北麓一帯の織物産地。撚りの入
らない細い糸を使った絹そのものの光沢と、薄紙のようなさらっとした風合いが特徴。
江戸後期から明治、昭和初期に隆盛を極めた。中でも、縦糸だけに図柄を描いて織り
上げたものは「絵甲斐絹」と呼ばれ、その沈んだ淡い色調が好まれた。
 難点は糸が弱いため織りづらいこと。そのため、生産が海外に移ったり、機械化が
進む中で、製造方法ごと廃れてしまったという。
 現存する文献もなく、富士工業技術センターが保管する現物織物と、機織の様子を
写した映像のみ。センターではこれらを参考にしながら、復活プロジェクトを民間企
業も巻き込んではじめる。まず糸づくりの研究から入り、年度末までに手織りによる
試作品を作る。標本の図柄のデジタル化や、工程自動化も併せて検討する。
----------------------------------------------------------------------------

Chikayoshi Kitamura (NIAS/MAFF) kitamura@affrc.go.jp