[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
八木裕子 さんは書きました:
>蚕について調べていますが、なかなか答えを見つけることができません。
>ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
>1.蚕は生物学的にいつ頃誕生したのでしょうか。(本当にくわこから蚕になっ
>  たのでしょうか)
>
(どなたもレスポンスされないようなので)
1988年発行の『絹の東伝』(布目順郎著、小学館発行)に「クワコから蚕へ」という
章があり、その中で“現在のところ、(染色体数)28の中国産クワコを馴化してでき
あがったものが蚕であると考える人が多い。したがって、クワコを馴化して蚕にした
のは中国人であったと考えてまず誤りはないであろう”と書かれています。この本の
中で、11ページにわたって、クワコ馴化の時期と場所について論じておられます。

今月号の農林水産技術研究ジャーナル(2002年7月号)に「カイコ、クワ、歴史と今
後の研究展開」(藤井 博)という記事が載りました。その中で著者は、“現存する
カイコ、中国種、ヨーロッパ種、日本種、熱帯種を問わずその染色体数は56(n=28)
である。一方、野生に現存するクワコの染色体数は、中国産クワコでは56(n=28)
であり、カイコのそれと同じである。しかし、日本産および韓国産クワコは54本(n
=27)である。両者の形態的特徴、外部生殖器などの形態が極めて似ている。さらに
クワコとカイコとの間で交配が可能で、かつ稔性のある後代を生じ、さらにその子孫
を生じる。野生クワの分布を見ると、種類は別として、アフリカ、アメリカ、中近東、
アジア(北アジア中国、韓国、日本から南アジア、マレイ半島やインドネシア島嶼な
ど)大陸に広く分布している。これらの地域には野生の絹糸虫類が生存しているが、
中国揚子江流域から北および韓国、日本以外の地域にはクワコが発見されていない。
以上のことからカイコは中国産のクワコに由来し、その起源はやはり中国揚子江から
北部地域と考えられる(吉武、1988;河原畑、1998)”と書いておられます。

Chikayoshi Kitamura (NIAS/MAFF) kitamura@affrc.go.jp