[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
鋸工場の件について
私の学校(八王子)の実習工場も鋸型でした。当時の先生の話(大分前の話なので正確で
はありませんが)、
蚕糸時代の諸先輩の話、私の友人の話(八王子で織物工場を経営していた)等の共通して
いる点は、鋸型にも二種類あって、@山型の連続したものA片屋根の連続したものがあっ
て、@は主に織物工場にAは精練・染色工場に多くあったようです。@・Aに共通して言
えることは明るさの確保で、特に織物工場では、ジャガード織機のように織機の上に紋紙
機械がセットされているような場合、上部が暗いため、紋紙の点検や機械の修理等の際、
天窓の明かりが必要だったようです。そして建物の奥の方にある織機でも明かりがとれる
ように山型が連続しています。勿論、全体の明るさ確保が一番でしょうが。
 Aの方は、湯気対策と刺激臭対策が主なようです。
石けん精練のように100度近い状態で精練をおこなうと大変な蒸気です。作業を安全に
行うために、蒸気を逃がす必要があります。天井を高く取り、明るく、かつ窓が開閉でき
るように工夫してあります。
細かくは他にも理由があるようですが省略します。参考になればと思います。
 また、戦後工業高校の実習施設が鋸型を含めてたくさん設置された背景には、昭和25
年6月に朝鮮動乱が勃発して特需景気となり、国をあげて工業生産の増強に励む事とな
り、工業教育についてもその重要性が見直され、産業教育振興法の制定、打ち切られてい
た産業教育に対する国庫補助が復活が大きな要因となっています。
        於保 正弘

Chikayoshi Kitamura wrote:

> ML会員外の方から下記のような質問が寄せられました。
> ----------------------------------------------------------------------------
> 私は織物工場といえば思い浮かべる鋸屋根の工場について研究している学生です。
>
> 鋸屋根工場は誰が日本に持ち込み、どのような理由で、そしてどのように広がったの
> でしょうか。関東の桐生、八王子、青梅や愛知の知多などに今でも現存していますが
> 時代の流れからなくなりつつある現状です。織物、紡績業と共に日本の1ページを築
> いた鋸屋根工場、なくなる前に詳しい調査をするため立ち上がった次第です。
> もし僅かながらでも情報がありましたら御教示お願いいたします。
>
> Chikayoshi Kitamura (NIAS/MAFF) kitamura@affrc.go.jp