[TOP]
[親メール][子メール][次メール][前メール]
米山様

琉球多蚕繭は一つの繭を多くの蚕が共同してして繭を作っています。
そのため私は繰糸には座繰りでも適さないのではないかと考えます。
したがって結城の村田さんのように繭を精錬(煮繭ではなく)真綿を作って糸にする
か、赤城糸のようにズリ出し糸(ともに網状の糸)にするのが良いと思います。
ほうき接緒の横引きの玉糸座繰方法なら繰糸可能かなと想像致します。


広瀬 収宏: 株式会社 ひろせ :silkhiro@avis.ne.jp

-----Original Message-----
From: 米山妙子 [mailto:owl2.yone@nifty.com]
Sent: Saturday, June 14, 2003 8:23 PM
To: silkML
Subject: [silkmail:146] はじめまして


初めまして。米山と申します。座繰り糸を挽きながら、機織をしています。
質問をお送り致します。
琉球多蚕繭の生繭が手元に届きました。糸をひこうと思っているのですが、なにぶん

めて扱う種類なので戸惑っています。どなたか、煮繭の留意点など御存知の方がい
らっ
しゃいましたら教えていただけませんか?よろしくお願い致します。