シルク・サミット 2003 in 横浜

第1日目 10月9日(木) 13:00開会

基調講演『横浜開港と生糸貿易』
シルク博物館 博物館部長 小泉勝夫

特別講演『世界にはばたく伝統産業 横浜スカーフの再興をめざして』
(株)椎野正兵衛商店 社長 椎野英聡

関連報告(1)『横浜スカーフの新しい試み』           
横浜繊維振興会 企画運営委員長 押谷哲夫
(2)『地場産業 横浜プリントの再生戦略』
協同組合ギルダ横浜 事務局長 北澤克夫
(3)『細繊度繭「はくぎん」の特性』
農業生物資源研究所新蚕糸技術研究チーム長 山本俊雄
(4)『特徴ある生糸とその利用』
須藤製糸(株)社長 須藤盛夫

懇親会

第2日目 10月10日(金) 9:00開始

各地の活動事例報告


シルク博物館見学(11:00〜)
『世界の民族衣装展』開催中
(市田ひろみ氏の展示解説付き)


船『はまどり』による横浜港内見学(13:30〜)
赤レンガ倉庫見学(14:30〜)
(シルク・ファッション・ウイーク開催中:自由見学)


流れ解散

 主催:独立行政法人農業生物資源研究所、市立岡谷蚕糸博物館、シルク博物館
 後援:農畜産業振興事業団・(社)日本絹業協会・神奈川県・横浜市・(社)神奈川県繊維協会
    横浜繊維振興会・(社)横浜ファッション協会・神奈川県縫製品協同組合・協同組合ギルダ横浜
    神奈川県撚糸工業組合・神奈川県織物工業組合・(財)繊維産業会・日本輸出スカーフ捺染工業組合
    TVKテレビ・神奈川新聞社・製糸技術研究会

 問合せ・申込先:シルク・サミット事務局
         〒394-0021 岡谷市郷田1−4−8
          農業生物資源研究所生活資源開発研究チーム
            TEL: 0266-22-3664  FAX: 0266-22-3094
            e-mail:
silksummit@nias.affrc.go.jp ※宿泊は各自で直接お申し込み下さい


オプション・ツアー

サミットに先立ち、横浜シティガイド協会(会長 嶋田昌子氏)の協力により、市内のシルクに関連した史跡案内があります。
集合場所・時間・コース・申込方法等は次のとおりです。

*集合場所:JR桜木町駅改札出口(京浜東北線・根岸線、目印は案内旗)

*集合時間:10月9日(木)10:00(時間厳守)

*コース:『ヨコハマ・絹の道』(全行程約2時間) JR桜木町駅→汽車道→横浜ワールドポーターズ→万国橋
      →横浜第二合同庁舎(旧横浜生糸検査所)→本町通り→横浜銀行協会→海岸通り→横浜郵船ビル
      →横浜税関→赤レンガ倉庫→開港の道→シルクセンター(シルク博物館)

*費 用:1人500円(保険料と資料代)(当日集めます)

*予約制:見学は予約制ですので、希望者は9月26日(金)までにシルク・サミット事務局へ申し込んで下さい


 トップに戻る