(福島県)

日本一社・延喜式内社
蚕養国神社

住所: 会津若松市蚕養町2番1号

案 内: JRの会津若松駅から東に飯盛山の方向に少し行くと、蚕養国神社があります。地名も、蚕養町です。祭神は、保食大神(うけもちのおおかみ)、稚産霊大神(わくむすびのおおかみ)、天照大御神です。神社発行の由緒書きには次のようにあります。
“当神社は、日本一社にして、延喜式神明帳に、陸奥国一百座の一つである。五十二代嵯峨天皇の御代弘仁二年(811年)鎮座にて、五十四代仁明天皇承和年中に、陸奥・出羽・両国の按察使兼鎮守府将軍藤原富士麿朝臣の奏にて、官社に列せられ、醍醐天皇の御代延喜式選定の折、式内の社となる。一条天皇寛弘七年(1011年)に、県令石部少将道秀・堂家左京太夫憲照・石塚丹後頼春等により、社殿を草創す。その時の神官を、蚕養蔵人という。その後、兵火のため社殿炎上し神籬の境内であったが、保科正之侯が、官工、鷹谷弥十郎宗清に命じ、社殿以下を造営し、社領20石を寄付、櫻町天皇寛保三年(1743年)には、正一位の極階に進まれた。文化四年、社殿焼失し、文政二年(1819年)松平容敬朝臣・社殿以下を正之侯創立に写し造営、今日に至る。 社殿宏壮、巨大なる境内・風致の深遂幽遠なる、会津稀有の大社にして、神威遠く他方に及んでいる。 明治五年県社の格に加列される。春四月十九、二十の両日の、講社祭は、年中行事の最大のものであり、県内は勿論、県外よりの養蚕家、各郡養蚕連合会、技術員等、多数の参拝者が列をなし、太々御神楽を奏し、当社独特の濁酒、肴膳を供し、大いなるにぎわいを、呈するのである。 当社の濁酒は、古来より伝わりし独特の方法で醸造し、春の講社祭、例大祭に、神前に献酒し、後、直会に供宴し、参拝者に喜ばれ、日本一社、蚕養国神社の名を高めている。 境内社頭には、会津五桜の一つ「峰張桜」があり、毎年、見事は花を咲かせる。 又、当社には古来より伝わる謡曲「蚕養宮」があり、謡曲家により謡われている。”

 一番奥の鳥居にかけられた額には「日本一社、延喜式内、正一位蠶養國大神」の文字が見えます。表通りから上の写真の一の鳥居をくぐり、「糸かけはし」で小川をわたり、2つの鳥居をくぐった所に本殿があることから、その大きさが想像できると思います。

その他の情報: TEL:0242−22−5706


 目次に戻る