(長野県上田市上田城跡公園)

三吉米熊像

『蚕糸業の先覚者』上田市立博物館発行(1995)より要約: 三吉米熊は万延元年(1860)長府藩士三吉慎蔵の長男として、長門国(現在の山口県)豊浦郡長府村に生まれました。明治11(1878)年内務省勧農局の駒場農学校に入学、農学全般を習得して明治13年6月に農学本科を卒業後、引き続き農芸化学本科で、無機・有機化学並びに定量分析等を習得して、明治14年に21歳で卒業します。
 その年の11月に、長野県に就職し勧業課農務掛を命じられ、水質分析等の化学関係部門を担当することになります。しかし、「蚕糸王国長野県」の農務掛ですから、蚕糸業に関する業務は避けて通わけにいかず、明治17年西ヶ原に開設された蚕病試験場に行くなど、積極的に技術・知識を習得しました。その後、本格的に蚕糸業の指導にあたるようになり、県下各地の伝習所・講習所の講師を務めています。明治22年から24年まで2年間にわたり(最初の5ヶ月は農商務省からの費用で、残りは私費で)フランス等で視察・研究を行っています。
 当時、蚕業教育の必要性を感じていた小県郡長中島精一は蚕業学校設立を提唱していましたが、明治25年3月の小県郡会で設立案が可決されたことによって、小県郡立蚕業学校が25年5月に開校しています。外遊から帰国したばかりの三吉米熊は、この蚕業学校に迎えられ初代校長に就任し、明治34(1901)年県立移管後も校長を続け、昭和2(1927)年68歳で亡くなるまで同校での教育に携わっています。その間、上田蚕糸専門学校(現:信州大学繊維学部)の設立委員、同校教授(明治44年〜)を併任、大正8年7月農学博士授与、大正14年勲三等瑞宝章を授与されています。
 大正5年創立25周年記念事業として立像が造られましたが、太平洋戦争中に供出させられており、この銅像は昭和26年に行われた小県蚕業高等学校創立60周年記念事業の一環として新しく造られたものだそうです。


目次に戻る  上田市立博物館に戻る