トップページ > スナップショット > 国際熱帯農業研究センター(CIAT) R. G. Echeverria所長が生物研来所


スナップショット
農業生物資源研究所ロゴマーク
平成24年2月24日
独立行政法人 農業生物資源研究所
 

国際熱帯農業研究センター(CIAT) R. G. Echeverria所長が生物研来所


平成24年2月24日(金)、国際熱帯農業研究センター(CIAT)より、Ruben G. Echeverria所長、Rod Lefroy地域コーディネーター(アジア担当)、M. Ishitani上席研究員など5名の方々が来訪されました。

最初に、石毛理事長を表敬訪問され、研究所のミッションと主な研究活動などの説明を受けられました。Echeverria所長からは、CIATの活動状況のご説明と生物研との共同研究への期待の表明がありました。その後、石毛理事長の案内にてゲノム情報センターやジーンバンク施設の種子貯蔵庫などを視察されました。御一行は各施設を興味深く視察された様子でした。また、この機会を捉え、Ishitani上級研究員と当研究所廣近理事らとの間で今後の共同研究の進め方についての意見交換も行いました。


国際熱帯農業研究センター(CIAT)御一行と当研究所石毛理事長
国際熱帯農業研究センター(CIAT)御一行と当研究所石毛理事長、廣近理事らとの意見交換の様子。左から、Ishitani上級研究員、Rod Lefroy地域コーディネーター、Ruben G. Echeverrias所長、石毛理事長、廣近理事、高辻ユニット長。

ページトップへ戻る