生物系特定産業技術研究支援センター

異分野融合発展研究

「知」の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業(異分野融合発展研究)公募について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下「生研支援センター」という。)は、農林水産省が定める「農林水産研究基本計画」等に則しつつ、民間企業、大学、国立研究開発法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援しています。平成29年度予算で措置された「『知』の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業」を国から交付された運営費交付金により実施し、本事業において委託研究の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることにいたしました。

本事業への応募を希望される方は、本要領に従って提案書を提出してください。

1. 事業の概要

農林水産業・食品産業の成長産業化を図るためには、既存の枠を超えた幅広い連携を進める必要があり、異分野を含めた革新的な技術を農林水産・食品分野に導入することで技術革新を図るとともに、市場ニーズを踏まえた商品化・事業化を実現する革新的な取組が必要です。

このため、農林水産省では、平成26年度から28年度まで、農林水産・食品分野と異分野との融合研究において研究開発を効果的に推進するための研究戦略を策定するとともに、本戦略に基づき、医学、工学など異分野と連携した「異分野融合共同研究」を実施してきたところです。

これにより、単独の組織では成し得ない異分野との融合による独自の研究成果が創出されてきましたが、今後は、次のステージとして、本研究により得られた成果や、他の研究等より得られた新たなシーズ等を活用し、農林水産・食品分野における課題解決や新たなイノベーションの創出による商品化・事業化をスピード感をもって実現することを目的に、農林水産・食品分野の成長産業化に資する研究開発について、公募により研究を委託します。

2. 対象研究領域

本事業を推進するため、以下の(1)及び(2)を対象研究領域として設定し、領域ごとに試験研究計画の公募を行います。
対象研究領域については、異分野融合共同研究により実施した4分野(高機能性素材等・日本食・情報インフラ(ICT)・ウイルス)のうち、日本再興戦略等に位置づけられるなど、政策的・社会的要請が高い課題である高機能性素材(セルロースナノファイバー(CNF))分野及び日本食分野を対象とします。

(1) セルロースナノファイバー(CNF)又はその複合素材の農林水産・食品産業への活用に向けた研究開発
● CNF又はCNFと他の物質による複合素材を活用した技術開発による、農林水産・食品産業における経営コストの削減又は生産物の高付加価値向上による所得の向上、等、農林水産・食品産業の競争力強化に資するものであること。
● 研究期間中に、実用化・事業化の可能性が見込まれるものであること。

★研究期間 委託契約締結日から平成34年3月末まで
★研究費の範囲 5,000万円~1億円/年度

(2) 日本食(日本型の食事パターン)の評価手法の策定及び健康増進効果との関連性に関する研究開発
● 評価手法は、普段の食事の日本食らしさを数値等により客観的に評価できる手法であること。また、その結果と健康増進効果の関連性を明らかにし、食生活改善・食育・輸出促進のためのツールとして活用できること。
(参 考) 地中海食における評価手法の例 -地中海食の食スコア-
・Adherence to a Mediterranean Diet and Survival in Greek Population
(Antonia Trichopoulou, et al., N ENGL J 2003;348:26)
・Adherence to Mediterranean diet and health status:meta-analysis
(Francesco Sofi, et al., BMJ 2008;337:a1344)
● 評価手法には、日本食を特徴付ける食材の摂取が評価項目に含まれているものであること。

★研究期間 委託契約締結日から平成32年3月末まで
★研究費の範囲 5,000万円~1億円/年度

3. 公募期間

平成29年5月26日(金曜日) ~平成29年6月23日(金曜日) 12時00分

4. 公募要領、提案書様式等

(1)公募要領

(2)提案書様式

(3)公募説明会参加申込み様式等

出席をご希望の方は、申込み締切までに、必須事項を申込様式にご記載の上、電子メールまたはFaxで下記の送付先へお申込みください。
(会場の都合により、1機関当たりの参加者数を制限させていただく場合があります。予めご了承下さい。)

  • 公募説明会参加申込み様式 【Excel:11KB】
  • 開催日時:6月1日(木) 14:00~
  • 開催場所:農林水産省関東農政局 11階 防災対策室2
    埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館
    ※入館に際しては、2階受付にて各自入館手続きをお願い致します。
  • 申込み締切日:5月31日(水) 12:00
  • 応募宛先:生研支援センター 新技術開発部産業技術開発課
    担当者:高橋、安藤
    E-mail ibunya-hatten@ml.affrc.go.jp
    FAX:048-666-9267

(4)関係する通知、指針及び規程

(5)契約方法

原則として、採択された研究グループの代表機関と、委託契約を締結します(研究管理運営機関を設置する場合は、研究管理運営機関と生研支援センターが直接委託契約を締結します。
詳細については、公募要領の別紙3「『知』の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業(異分野融合発展研究) に係る契約等の手続について」を参照して下さい。

(6)審査実施要領

5. 応募方法

応募に当たっては、府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」という。)を使用することになっていますので、公募要領の別紙1を参考に電子申請を行ってください(郵送、持参、Fax及び電子メールによる提出は一切受け付けることができませんので、ご注意ください)。

研究代表者が研究グループの研究内容をとりまとめ、応募してください。

e-Radを利用するためには、研究機関及び研究者情報の登録が必要となります。登録手続には日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕を持って登録手続をしてください。なお、他省庁等が所管する制度・事業で登録済の場合は再度登録する必要はありません。その他e-Radを使用するに当たり必要な手続については、e-Radのポータルサイトを参照してください。

6. 今後のスケジュール(予定)

平成29年 5月26日(金曜日) 公募要領の公表・公示(公募開始)
6月1日(木曜日) 公募説明会(農林水産省関東農政局)
6月23日(金曜日) 12時 応募受付締切り
6月下旬~ 書類審査
7月中旬~ 面接審査

7. その他

ご不明な点につきましては、下記担当者まで直接お問い合わせください。

【公募全般に関する問い合わせ】

生研支援センター
新技術開発部産業技術開発課
担当者:高橋、安藤
住 所:〒331-8537 埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番地2
URL:http://www.naro.affrc.go.jp/brain/shien/
Tel:048-669-9180
Fax:048-666-9267
E-mail ibunya-hatten@ml.affrc.go.jp
受付時間:10時00分~12時00分、13時00分~17時00分(土曜日、日曜日、祝日を除く。)

【契約事務について】

生研支援センター
新技術開発部研究管理課
担当者:山崎、西村
Tel:048-669-9195
Fax:048-666--9267
E-mail:ibunya-hatten@ml.affrc.go.jp
受付時間:10時00分~12時00分、13時00分~17時00分(土曜日、日曜日、祝日を除く。)

【e-Radについて】

e-Radヘルプデスク
Tel:0570-066-877(ダイヤルイン)
03-5625-3961(直通)
「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)」ポータルサイトの「ヘルプデスクへお問い合わせ」も御確認ください。
URL:https://www.e-rad.go.jp/contact/

法人番号 7050005005207