生物系特定産業技術研究支援センター

「知」の集積と活用の場による研究開発モデル事業

農林水産・食品分野と異分野の新たな連携により、両分野の知識・技術・アイデアを集積させ、革新的な研究成果を生み出し、これらをスピード感を持って商品化・事業化に導くことで生産者・消費者にも利益をもたらし、若者たちが希望の持てる「強い農林水産業」を創り上げる新たな産学連携研究の仕組みづくりが求められているところです。

このような状況を踏まえ、新たな産学連携研究を推進するため、平成28年4月に「『知』の集積と活用の場 『産学官連携協議会』」が設立し、セミナーやワークショップ等を通じて、協議会における他機関どうしの協創を通じて、加速度的な市場形成を促進するオープンイノベーションの場が提供され始めました。

生研支援センターでは、「知」の集積と活用の場で行われる新たなオープンイノベーションによる研究開発の取組をモデル的に支援するため、「『知』の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業」として、民間企業等との連携を促すマッチングファンド方式による新たな支援の仕組みを導入した研究開発について支援します。

「知」の集積と活用の場による研究開発モデル事業について

「知」の集積と活用の場について

知の集積と活用の場の詳細については、こちら【外部サイト】をご覧下さい。

採択課題

実施要領・様式集等

法人番号 7050005005207