生物系特定産業技術研究支援センター 研究資金業務

SIP

SIP戦略的イノベーション創造プログラム(スマートバイオ産業・農業基盤技術)の公募について

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下「生研支援センター」という。)は、民間企業、大学、国立大学法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援しています。

平成29年度補正予算で措置された「戦略的イノベーション創造プログラム(スマートバイオ産業・農業基盤技術)」を国から交付された運営費交付金により実施することを予定しており、本事業において委託研究の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることにいたしました。

本事業への応募を希望される方は、本要領に従って提案書を提出してください。
公募中の研究開発計画及び工程表は以下のとおりです。

1.事業概要

(1)戦略的イノベーション創造プログラムの趣旨・推進体制

戦略的イノベーション創造プログラム(以下「SIP」という。)は、総合科学技術・イノベーション会議が司令塔機能を発揮し、府省の枠を超え、基礎研究から実用化・事業化まで一気通貫で研究開発を推進し、イノベーションの実現を目指すプログラムです。
SIPを実施するため、内閣府は科学技術イノベーション創造推進費を措置し、国家的・経済的重要性等の観点から総合科学技術・イノベーション会議が対象課題とプログラムディレクター(PD)を決定し、進捗を毎年度評価して機動的に予算を配分します。

また、SIPの推進体制としては、まず、総合科学技術・イノベーション会議の有識者議員によって構成される「ガバニングボード(GB)」がSIPの重要事項を審議し、助言・評価を行います。次に、対象課題ごとに選ばれたPDが、出口戦略を含む研究開発計画をとりまとめ、推進します。PDを議長とし、内閣府が事務局を務め、関係省庁や専門家等も参加する推進委員会において、関係府省間調整等を行います。

(2)スマートバイオ産業・農業基盤技術の趣旨

我が国のバイオエコノミーの拡大と関連産業の競争力強化等のため、府省連携により、バイオとデジタルの融合によるイノベーションの基盤を構築し、「食」による健康増進社会の実現や革新的なバイオ素材・製品産業の振興・創出を図ります。

また、「食」を生産する農業にあっては、生産から加工・流通・販売・消費・輸出までデータを相互活用するスマートフードチェーンの構築や様々なデータにより駆動する革新的なスマート農業技術・システムの開発、データ駆動型育種を推進するための技術開発等を実施します。基礎研究から実用化・事業化まで一気通貫の取組を通じ、持続可能な成長社会の実現や農林水産業・食品産業の生産性革命・競争力強化を目指します。

本課題が対象とする領域は、グローバルレベルでイノベーションが加速しています。食、医薬品、素材、エネルギー等々、私たちの日々の暮らしから地球環境まで、本領域におけるイノベーションのインパクトは、あらゆる領域に及びます。非連続の成長発展が期待される市場ゆえに新規参入も活発であり、ダイナミックな変革が起きています。

このような認識のもと、本課題においては、持続可能な成長社会の実現や農林水産業・食品産業の生産性革命・競争力強化とともに、

  • 資源少国の日本が、画期的な高機能資源を創造したり、資源を再利用したりすることを可能にすること
  • アイデアや思いを持つ誰もが参画しやすい研究開発環境づくりをすること
  • さらには、日本の弱点とされている「標準化(国際標準化)」、「協調領域(スケーラビリティ)の構築」、「国際市場における競争領域(戦略的アライアンス)の創出」

を目指すことを視野に入れて研究開発を推進し、社会実装が可能なプロトタイプを開発することとします。

(3)研究課題

  • 健康寿命の延伸を図る「食」を通じた新たな健康システムの確立
  • 多様なデータの利活用による農林水産業・食品産業の生産性革命・競争力の強化
  • 「生物機能を活用したものづくり」による持続可能な成長社会の実現
  • バイオ・デジタル融合イノベーションを創出する研究開発基盤の構築

2.公募期間

平成30年7月25日(水曜日)~平成30年8月27日(月曜日)12時00分

3.公募要領、提案書様式等

(1)公募要領

(2)提案書様式

(3)Q&A

(4)公募説明会資料

(5)関係する通知、指針及び規程

(6)参考情報

(7)契約方法

本事業の契約については、コンソーシアムの代表研究機関と生研支援センターが委託契約を締結します。(コンソーシアムを構成する個々の研究機関等とではなく、コンソーシアムの代表研究機関と生研支援センターが直接委託契約を締結します。)

ただし、戦略的イノベーション創造プログラム(スマートバイオ産業・農業基盤技術)公募要領「3(4)複数の研究機関等が研究グループを構成して研究を行う場合の要件」を満たすとともに、参画する研究機関等それぞれの分担関係を明確にした上で、代表研究機関が中心となって、契約単位としてのコンソーシアムを設立していただきます。研究費は、各研究機関等が責任を持って執行してください。

詳細については、公募要領の別紙3「戦略的イノベーション創造プログラム(スマートバイオ産業・農業基盤技術)」に係る契約方式について」を参照して下さい。

  • 契約書(案)(準備中)

(注)本様式は今後変更の可能性があります。

4.応募方法

応募に当たっては、府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」という。)を使用することになっていますので、公募要領の別紙4を参考に電子申請を行ってください(郵送、持参、Fax及びメールによる提出は受け付けることができませんので、ご注意ください)。

研究グループの場合は、研究代表者が研究グループの研究内容をとりまとめ、応募してください。

※公募の際のe-Radシステムの入力方法をまとめました。

e-Radを利用するためには、研究機関及び研究者情報の登録が必要となります。登録手続には日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕を持って登録手続をしてください。

なお、他省庁等が所管する制度・事業で登録済の場合は再度登録する必要はありません。

その他e-Radを使用するに当たり必要な手続については、e-Radのポータルサイトを参照してください。

5.今後のスケジュール(予定)

平成30年 7月25日(水曜日) 公募要領の公表・公示
8月27日(月曜日)12時 応募受付締切り
8月31日(金曜日)以降 書類審査
9月25日(火曜日)以降 面接審査
10月中下旬 採択研究機関の決定
10月中下旬 採択研究グループの決定・公表、採否の通知
11月 委託契約締結

スケジュールは、審査状況等により変更することがあります。生研支援センターのウェブサイトで随時お知らせいたします。

6.お問い合わせ

ご不明な点につきましては、下記担当者まで直接お問い合わせください。

公募全般に関する問い合わせ先

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
生物系特定産業技術研究支援センター(生研支援センター)
新技術開発部連携・企画課
担当者:松岡、三原、寺口
Tel:048-669-9170
Fax:048-666-9267
E-mail:brainSIP[アット]ml.affrc.go.jp
[アット]を@に置き換えてください
受付時間:10時00分~12時00分、13時00分~17時00分
(土曜日、日曜日、祝日を除く。)

契約事務について

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
生物系特定産業技術研究支援センター(生研支援センター)
新技術開発部研究管理課
担当者:山崎、大越、小野瀬
Tel: 048-669-9190
Fax:048-666-9267

e-Radについて

e-Radヘルプデスク
Tel: 0570-066-877、03-6631-0622(直通)
「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)」ポータルサイトの「e-Radの操作方法に関するお問い合わせ」も御確認ください。

法人番号 7050005005207