品種詳細

ニューアステカ

アマランサス「ニューアステカ」は、導入選抜系統「メキシコ系」にγ線照射して育成した短茎、早生の系統である。種子千粒重は大きく、黄白色で糯性である。機械収穫適性が認められ、収穫作業が効率化できる。

主要特性

「ニューアステカ」は、平成元年に農業生物資源研究所放射線育種場において、短茎・早生を育種目標として導入選抜系統であるメキシコ系にγ線(60Co)50kRを照射し、以後、農業研究センター作物開発部資源作物育種研究室(茨城県つくば市)において、M1個体の養成、M2集団から変異個体を選抜後、系統育種法に準じて選抜固定を行ってきたものである。平成12年、M11で「ニューアステカ」と命名し種苗登録申請を行った。本系統は、導入選抜系統「メキシコ系」と比較して、次のような特徴を持つ。

  • 草丈は非常に低く、茎基部の直径はやや細く、花穂はやや短い開帳型の花序である。
  • 開花期・成熟期は、メキシコ系より約10日早い。
  • 種子は黄白色の糯性で、千粒重は重い。
  • 草丈が低いのでコンバインによる収穫適性が高く、茎葉部の割合が少ないので収穫時の夾雑物が少ない。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
12788
(2000年9月25日)
2001年3月28日 14399
(2006年7月13日)
25年
(満了日:2031年7月13日)
交配組み合わせ 旧系統名