品種詳細

こなみずき

こなみずき

和菓子等の品質を長持ちさせたり、食品の食感を改良したりできる画期的なでん粉をもつでん粉原料用品種です。サツマイモのでん粉の食品利用を拡げる素材として注目されています。

 

主要特性

  • でん粉の糊化開始温度が「シロユタカ」より約20°C低い低温糊化性でん粉を含んでいます。
  • でん粉ゲルを冷蔵保存した後の離水率や硬度は「シロユタカ」より大幅に低く、耐老化性に優れたでん粉です。
  • 天然でん粉のままで、和菓子(葛もち、わらびもち)などの食品の形や柔らかさを長期間保持できるほか、水産練り製品などの食感改良に使えます。
  • 標準栽培では、いもの収量やでん粉歩留は「シロユタカ」並です。ただし、長期透明マルチ栽培では「シロユタカ」に劣ります。
  • 線虫や黒斑病に対して比較的強い品種です。
  • 貯蔵性は“中”で、「シロユタカ」よりやや優れています。
  • 南九州で栽培の取り組みが始まっています。

こなみずき

こなみずき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kona4

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
24650
(2010年3月 4日)
2010年6月14日 21332
(2012年1月20日)
25年
(満了日:2037年1月20日)
交配組み合わせ 旧系統名