品種詳細

京の輝き

京都府と共同育成した「京の輝き」は、出穂・成熟期が「日本晴」よりやや早い、大粒で酒造適性に優れる掛米用品種である。玄米収量は「日本晴」と比較して1割ほど多い。

主要特性

  • 「京の輝き」は、多収、良食味品種の育成を目的として、短稈の良食味系統である「収6602」と玄米品質が良く、多収の「山形90号」を交配した後代から育成された酒造用品種である。
  • 出穂・成熟期は「日本晴」よりやや早く、稈長および穂長はやや短く、穂数は多く、草型は“中間型”である。耐倒伏性は「日本晴」とほぼ同じ“やや強”で、収量性は「日本晴」と比較して1割ほど増収し、「祭り晴」より明らかに多収である。
  • 玄米千粒重は「日本晴」より大きく、玄米品質は「日本晴」並みである。タンパク質含有量は「日本晴」、「祭り晴」よりやや低い(表1)。
  • 高度精米時の真精米歩合は「日本晴」よりやや高く、砕米率は「日本晴」、「祭り晴」よりやや低い。
  •  清酒の醸造時のアルコール度数およびアミノ酸度は「祭り晴」と同等で、香気成分の酢酸イソアミルは「祭り晴」より多い。生成酒は、香り、味ともに「祭り晴」に優る。
  • 食味は、「日本晴」、「祭り晴」より優れ、「コシヒカリ」に近い。
出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
26842
(2012年3月21日)
2012年6月19日 23427
(2014年5月16日)
25年
(満了日:2039年5月16日)
交配組み合わせ 旧系統名
収6602/山形90号 収8203