品種詳細

たわわっこ

寒冷地中部では、出穂期、成熟期とも"かなり早"の粳系統である。岩手県で栽培されている飼料用米品種「つぶみのり」に比較して、耐倒伏性が強く、いもち病に強く、安定多収である。

主要特性

  1. 「たわわっこ」は、東北農業研究センターにおいて2009年に、早生で大粒・多収の「羽系飼1170」を母とし、いもち病抵抗性、耐冷性に優れる「岩手95号」を父として交配が行われ、雑種集団養成、圃場における立毛個体選抜およびいもち病圃場抵抗性遺伝子pi21と連鎖するDNAマーカー(RM1359)を用いた選抜の後、岩手県農業研究センターにおいて系統選抜・固定が行われた粳系統である。
  2. 岩手農業研究センターにおける出穂期、成熟期は「つぶみのり」よりやや早く、出穂期、成熟期とも"かなり早"である。
  3. 稈長、穂長は「つぶみのり」よりやや短く、穂数は少ない。草型は"穂重型"である。
  4. 耐倒伏性は"強"で、「つぶみのり」より明らかに少ない。
  5. いもち病真性抵抗性遺伝子は"Pii"と推定され、葉いもち圃場抵抗性は"かなり強"、穂いもち圃場抵抗性は"かなり強"である。いもち病圃場抵抗性遺伝子pi21を保有していると推定される。
  6. 障害型耐冷性は"やや強"である。
  7. 粗玄米重は「つぶみのり」と同等で多収である。

栽培適地

東北地域中北部

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
32947
(2018年3月16日)
2018年8月14日

交配組み合わせ 旧系統名
羽系飼 1170 × 岩手 95 号 岩手 122 号