品種詳細

ハルイブキ

小麦「ハルイブキ」は耐倒伏性・耐病性が強く、多収で、製粉性がやや優れる。製パン適性はやや高く、他品種とのブレンドにより製パン適性の向上が期待できる。また、「白神こだま酵母」の使用により、優れた製パン性を示す。秋田県で認定品種に採用。

主要特性

小麦「ハルイブキ」は、早生・多収、耐寒雪性、耐病性及び高製パン適性を育種目標に、昭和63年度 (平成元年5月) 東北農業試験場 (現 東北農業研究センター) において、晩生で耐病性が強く、高製パン性と関係のある5+10グルテニンサブユニットをもつユーゴスラビア品種「Stozher」を母とし、早生・多収で耐寒雪性が強く、製パン適性がやや優れた「東北195号」を父として人工交配を行い、以降系統育種法で選抜・固定を図ってきたものである。平成12年度の世代は雑種第12代 (F12) である。

「キタカミコムギ」に比較して、次のような特徴をもつ。

  1. 播性はVで、出穂期で4日、成熟期で3日程度早い。
  2. 稈長はやや短く、穂長は短く、穂数は同程度である。
  3. 耐寒雪性はやや強く、耐倒伏性は強く、穂発芽性は中でやや強い。
  4. 赤さび病、うどんこ病及び縞萎縮病のいずれにも強い。赤かび病は中で同程度である。
  5. 多収で、千粒重は大きいが、リットル重は同程度である。外観品質はやや劣る。
  6. 硬質小麦で、製粉性はやや優れる。粉の白さ、明るさはともにやや低い。
  7. 粉の蛋白含量は3~4%高く、5+10高分子量グルテニンサブユニットを持つ。 バロリメーター・バリューが高く、生地の伸張抵抗が大きく、伸張度が小さい。
  8. アミログラムの最高粘度は低い。
  9. 製パン適性はナンブコムギよりやや高く、他品種とのブレンドにより製パン適性の向上が期待できる。また、秋田県でパン酵母として開発された「白神こだま酵母」の使用により、優れた製パン性を示す。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
13783
(2001年8月28日)
2002年2月13日 12275
(2004年11月 8日)
20年
(満了日:2024年11月 8日)
交配組み合わせ 旧系統名
Stozher x 東北195号 東北205号

品種の利用許諾について