品種詳細

ちくごまる

「ちくごまる」は、暖地で問題となるコムギ縞萎縮病I型、穂発芽、赤かび病に対して抵抗性を強化、安定した収穫が期待できます。 製粉性と粉の色が良く、通常アミロース含量の品種で、うどん以外にも菓子などにも使える高品質なコムギ品種です。

主要特性

ちくごまる

  • 秋播型という安定した生育をする特性を持ち、「シロガネコムギ」並の早生種です。
  • 穂は白く、「農林61号」より稈長は短く、穂長、穂数は同程度で、倒伏に強いです。
  • 収量は「シロガネコムギ」より多く、容積重、千粒重は同程度です。
  • コムギ縞萎縮病I型、穂発芽、赤かび病に強い品種です。
  • 灰分がやや低く、製粉性と粉色に優れています。
  • 通常の施肥量水準では収量が上がりにくいので、施肥量は慣行より多めとする。
  • 栽培適地は西日本の平坦地です。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
26489
(2011年11月22日)
2012年2月20日 23405
(2014年5月 2日)
25年
(満了日:2039年5月 2日)
交配組み合わせ 旧系統名