品種詳細

茶中間母本農5号

「さやまかおり」由来のクワシロカイガラムシ抵抗性遺伝子MSR-1を有し、これに連鎖するDNAマーカーにより後代の選抜が可能である。また炭疽病、輪斑病にも抵抗性であり、耐病虫性の交配母本として有用である。同時に緑茶品種の細胞質の多様化にも貢献できる。

主要特性

  • 「茶中間母本農4号」および「茶中間母本農5号」は炭疽病・輪斑病に抵抗性の「金-Ck17」を種子親、クワシロカイガラムシ抵抗性の「さやまかおり」を花粉親として1995年に交雑して得られた集団中より選抜した系統である。
  • 「茶中間母本農4号」および「茶中間母本農5号」は「さやまかおり」由来のクワシロカイガラムシ抵抗性遺伝子MSR-1を有しており、その後代は実用的なDNAマーカー選抜が可能である。
  • 「茶中間母本農4号」の一番茶の萌芽期・摘採期は中生、「茶中間母本農5号」は晩生である。
  • 「茶中間母本農4号」および「茶中間母本農5号」は耐病性は炭疽病・輪斑病に強であり、後代にも抵抗性強の個体が多数出現する。
  • 「茶中間母本農4号」の製茶品質は外観が優れるが、内質は水色が薄く滋味が淡白である。一方、「茶中間母本農5号」の製茶品質は水色が薄い点を除けば良好で、特に外観が優れ、内質も滋味が濃厚である。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
17321
(2004年8月11日)
2005年6月23日 16017
(2008年2月22日)
30年
(満了日:2038年2月22日)
交配組み合わせ 旧系統名