品種詳細

はるみどり

一番茶の萌芽期および摘採期は、中生の‘やぶきた’より5~6日遅い晩生種である。早生、中生品種と組み合わせると、摘採期の幅が1週間程度広がる。耐病性は炭疸病にはやや強、もち病には中、輪斑病 には弱である。寒害(赤枯れ、裂傷型凍害)には強い。生葉収量は‘やぶきた’より多収である 。煎茶としての品質は、外観は鮮緑色で細よれし優良である。滋味は渋みが少なくて、うま味が強いのが特徴である。

  • 一番茶の萌芽期および摘採期は、中生の‘やぶき た’より5~6日遅い晩生種である。早生、中生品種と組み合わせると、摘採期の幅が1週間程度広がる。
  • 耐病性は炭疸病にはやや強、もち病には中、輪斑病 には弱である。寒害(赤枯れ、裂傷型凍害)には強い。
  • 生葉収量は‘やぶきた’より多収である。煎茶としての品質は、外観は鮮緑色で細よれし優良である。滋味は渋みが少なくて、うま味が強いのが特徴である。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
12602
(2000年6月29日)
2000年12月22日 11102
(2003年3月17日)
25年
(満了日:2028年3月17日)
交配組み合わせ 旧系統名

栽培適地

関東以西の茶栽培地帯に適する。