品種詳細

陽香(ようこう)

カンキツ新品種「陽香」は、「清見」に「中野3号ポンカン」を交雑して育成したミカン。糖度が比較的高く、ポンカンに似た芳香の強い食味良好な大果・無核品種です。適熟期が1~2月であることから秋冬期が温暖な地域に適します。

主要特性

  • 果実の大きさは250~300gでマンダリンタイプとしては極めて大果です。形は扁球。果皮の色は橙色で果面は比較的滑らかで、果皮は薄く,しかも剥皮は容易です。
  • ポンカンに似た芳香があり肉質は柔軟で多汁。果汁の糖度は12~13%,酸は1%程度で食味は良好です。熟期は1~2月で中生品種になっています(表1)。
  • 無核果がほとんどで有核果でも種子数は極めて少なく、単為結果性は強いのが特徴です。
  • 樹勢は弱く、樹姿は開張性。かいよう病に対する抵抗性は強くなっています。そうか病抵抗性はウンシュウミカンと同程度かやや強くなっています(表2)。

表1.みかん「陽香」の果実特性

表2.「陽香」の病害抵抗性検定試験結果

「陽香(ようこう)」の果実
果実

「陽香(ようこう)」の結実状況
結実状況

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
7748
(1995年3月31日)
1900年1月 1日 5665
(1997年7月28日)
18年
(満了日:2015年7月28日)
交配組み合わせ 旧系統名
清見×中野3号ポンカン カンキツ口之津10号

栽培適地

適熟期が1~2月であることから秋冬期が温暖な地域に適する。

農林認定品種(旧:命名登録品種)

登録番号:みかん農林11号

登録年月日:1995年9月

育成担当者

奥代直巳、松本亮司、生山 巖、内原 茂、高原利雄、山本雅史、石内傳治、山田彬雄、浅田謙介、池宮秀和、村田広野、小泉銘冊、岩波 徹、吉永勝一、國賀 武、七條寅之助

発表論文

  • 山本雅史.1996.カンキツの新品種「陽香」.今月の農業40(3):84-87.
  • 果樹試験場報告 33号, p.67-76(1999-11) : カンキツ新品種'陽香'