品種詳細

ジェイドスイート

セイヨウナシ新品種「ジェイドスイート」は、「マルゲリット・マリーラ」と「ブランディワイン」を交雑して育成した早生の大果品種である。育成地で9月上中旬に収穫適期となり、追熟は容易である。外観は良好で、甘みが多く極多汁で食味が優れる。

主要特性

  • 「ジェイドスイート」は、1992年に北海道農業試験場(現:北海道農業研究センター)において、「マルゲリット・マリーラ」に「ブランディワイン」を交雑して得られた実生から 選抜した品種である。
  • 「ジェイドスイート」は、育成地で「バートレット」とほぼ同時期の9月上中旬に収穫適期となる早生品種である。樹勢は中程度で、初期収量は「ブラ ンディワイン」と同程度である。果実はびん形を呈し、果実重は290g程度、果皮は黄緑色で外観は美麗で 良好である。追熟は「バートレット」の慣行法で行うことができ、容易である。 糖度は14~15%程度、酸度は0.1~0.2g/100ml程度で、極多汁で食味が優れる。育成地でのセイヨウナシの通常防除下では、問題となる病害虫の発生は観察され ていない。開花盛期は「バートレット」、「ブランディワイン」とほぼ同時期である。「バートレット」、「ブランディワイン」、「ラ・フランス」と 交配和合である。
  • 追熟後の適食期は果実が軟化して果皮に緑色が残っている時期である。日持ち性は他のセイヨウナシ早生品種と同程度である。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
25696
(2011年3月10日)
2011年6月28日 23910
(2015年3月 3日)
30年
(満了日:2045年3月 3日)
交配組み合わせ 旧系統名