品種

畜産研究部門の品種一覧

RSS

カテゴリ 品種の名称 公表日 概要
飼料作物
トウモロコシ種(Zea mays L.)
Na110 2017年4月14日
飼料作物
トールフェスク種(Festuca arundinacea Schreb.)
よかトール 2017年3月23日
飼料作物
シバ属(Zoysia Willd.)
Fox 2016年8月31日
飼料作物
イタリアンライグラス亜種(Lolium multiflorum Lam. ssp. italicum (A. Br.) Volkart)
那系33号 2016年5月31日
飼料作物
イタリアンライグラス亜種(Lolium multiflorum Lam. ssp. italicum (A. Br.) Volkart)
JFIR-20 2015年4月13日
二倍体のイタリアンライグラス「JFIR-20」は、茎葉に硝酸態窒素を蓄積しにくい新品種で、これまでの市販品種中で最低レベルの「優春」より硝酸態窒素濃度がさらに低い。タキイ種苗から「うし想い」の商品名で販売されている。
飼料作物
イタリアンライグラス亜種(Lolium multiflorum Lam. ssp. italicum (A. Br.) Volkart)
SI-14 2015年4月13日
二倍体のイタリアンライグラス「SI-14」は、茎葉に硝酸態窒素を蓄積しにくい新品種で、これまでの市販品種中で最低レベルの「優春」より硝酸態窒素濃度がさらに低い。雪印種苗から「タチユウカ」の商品名で販売されている。
飼料作物
フェストロリウム属(x Festulolium Aschers.et Graebn.)
那系1号 2014年3月 4日
四倍体のフェストロリウム「那系1号」は、越夏性、葉腐病・冠さび病抵抗性に優れ、寒冷地北部(北東北の中標高以下)から比較的冷涼な温暖地までの府県広域(年平均気温9~13°C程度)を対象に採草用として利用できる。
飼料作物
イタリアンライグラス亜種(Lolium multiflorum Lam. ssp. italicum (A. Br.) Volkart)
LN-IR01 2014年2月 5日
二倍体のイタリアンライグラス「LN-IR01」は、茎葉に硝酸態窒素を蓄積しにくい新品種で、これまでの市販品種中で最低レベルの「優春」より硝酸態窒素濃度がさらに低い。カネコ種苗から「ゼロワン」の商品名で販売されている。
バイオマス作物
エリアンツス アルンディナセウス種(Erianthus arundinaceus(Retz.)Jeswiet.)
JES1 2013年10月 8日
多年生のセルロース系資源作物エリアンサスの新品種「JES1」は、立型であるため、既存の飼料用収穫機により高効率に収穫できる。晩生であるため九州本土以北では結実に至らない。石垣市において種子生産が可能であり、これにより実生苗を供給する。
飼料作物
ペレニアルライグラス種(Lolium perenne L.)
エムエスピービーワン 2010年7月21日
「エムエスピービーワン」は、花粉を飛散させないペレニアルライグラス品種「エムエスピーエイワン」の採種のための雄性不稔維持系統である。

品種を探す

下記の作物分類をクリックすると種苗登録分類が表示されます