育成系統詳細

西海264号

特性の概要

西海264号:早生(日本晴級)、極良食味、直播向き、低アミロース
出穂期、成熟期は「日本晴」よりやや晩生のやや短稈偏穂数型である。耐倒伏性は移植、直播とも「日本晴」に優り、直播での耐倒伏性は「ふくいずみ」に近い。収量性は移植、直播ともに「日本晴」並である。葉いもち、穂いもちはやや弱、白葉枯病はやや弱で、いずれも「日本晴」よりやや弱い。穂発芽性は中である。玄米はミルキークイーンの低アミロース性を継代しており通常白濁する。玄米品質は「日本晴」並の「中中」、食味は粘りが特に強く、「コシヒカリ」並かやや優る「上中」である。

栽培適地 育成系統年 用途 主要特性
温暖地・暖地 2008年1月 1日 主食用(うるち) 低アミロース

特許の利用方法