育成系統情報

関東112号

特性の概要

サチユタカよりやや遅く、タマホマレ並みの晩生。中粒の大に属すが、サチユタカよりやや小さい。粗蛋白質含有率はサチユタカより低いが、フクユタカ並みに高い。高11S。主茎長はフクユタカ並みに長いが、倒伏は少なく、最下着莢節位高はタチナガハ並みの高。子実収量はタチナガハよりやや少なく、サチユタカより多い。

栽培適地 育成系統年 用途 主要特性
関東南部~中四国 2008年1月 1日 豆腐 サチユタカ並み~やや晩生、耐倒伏性、最下着莢節位高、蛋白含量はフクユタカ並み