特許詳細

ネオスポーラ感染判別方法

目的

対象動物のネオスポ-ラ感染の有無を精度よく判別でき、かつ操作も簡便であるネオスポ-ラ感染判別方法を提供する。

構成

以下の工程(a)~(e)を含むネオスポ-ラ感染判別方法である。(a)ネオスポ-ラ抗原を固相に固定化した後、余剰のネオスポ-ラ抗原を除去する。(b)固相にホニユウ類以外の生物由来の抗体を加えた後、余剰の抗体を除去する。(c)固相に対象動物の血清を加えた後、抗原抗体複合体以外の物質を除去する。(d)抗原抗体複合体を標識プロテインAGを利用して検出する。(e)抗原抗体複合体の存在の有無により、対象動物の血清中のネオスポ-ラ抗原に対する抗体の有無を判別し、これによつて対象動物のネオスポ-ラ感染の有無を判別する。これにより、対象動物のネオスポ-ラ感染の有無を精度よく判別できる。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
1998年11月 9日 H10-317776 2000年5月26日 2000-146979 1999年12月24日 3016021
出願人
機構内発明者
清水 眞也、山根 逸郎、國保 健浩、衛藤 真理子、志村 亀夫、播谷 亮、濵岡 隆文、猪島 康雄