特許詳細

ブタ由来インターロイキン-18に対するモノクローナル抗体

目的

ブタ由来インタ-ロイキン-18に特異的に反応することにより、ブタ由来インタ-ロイキン-18の検出、精製、定量等が可能となり、種々の疾病や病態の制御や治療等に有用なモノクロ-ナル抗体を得る。

構成

ブタ由来インタ-ロイキン-18に特異的に反応する。尚、このモノクロ-ナル抗体は、例えば、ブタ由来インタ-ロイキン-18を免疫原として得られた抗体産生細胞とミエロ-マ細胞とを融合させて得られるハイブリド-マ(例;FERM P-17527等)から得られ、また、モノクロ-ナル抗体を利用して、ブタ由来インタ-ロイキン-18を精製するのが好ましく、更にブタ由来インタ-ロイキン-18を検出するのが好ましい。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
1999年10月 7日 H11-287367 2001年4月17日 2001-103967 2001年9月14日 3230220
出願人
機構内発明者
宗田 吉広、森 康行、下地 善弘、新井 啓五