特許詳細

イネ科植物の花粉飛散防止方法

目的

イネ科植物を特定の酸類で処理することにより、開花を阻害し、花粉の飛散を防止し、その結果、品種の雑種化を防ぐことができ、雑草の繁殖等を阻止することが可能な、標記の方法を得る。

構成

イネ科植物をジヤスモン酸類で処理する。また、イネ科植物花粉飛散防止剤で、ジヤスモン酸類を含有させることができる。また、ここで用いるジヤスモン酸類としては、天然型の(-)-ジヤスモン酸や、(-)-ジヤスモン酸メチルの他、これらのラセミ混合物である(±)-ジヤスモン酸、(±)-ジヤスモン酸メチル、類緑化合物のツベロン酸や、エビジヤスモン酸、ククルビン酸等のジヤスモン酸活性があると考えられる化合物は、天然体、合成品を問わず全てが利用できる。

出願日 出願番号 公開日 公開番号 登録日 登録番号
1999年10月 8日 H11-288173 2001年4月17日 2001-103840 2001年12月21日 3261455
出願人
機構内発明者
本多 一郎、和田 道宏、牧野 徳彦