研究者プロフィール

川口 健太郎

research map

北海道農業研究センター

作物開発研究領域

研究者としてのモットー

研究では、0から1を創造する。職場では、対話を大切に。

プロフィール

夏季の低温による稲の障害型冷害のメカニズム解明、水田転換畑において発生する湿害に強い小麦の開発をメインに、バレイショ、てん菜を含めて北海道の主要作物を対象に、環境ストレスとの相互作用の研究に従事してきました。途中、農林水産省に出向し先端技術の安全性評価の専門官として勤務し、また、産学官連携を担当し、研究に対するニーズの収集や研究成果の普及のため、生産者のみなさん、食品製造企業のみなさん、近隣の大学のみなさんとの対話を進めました。2017年4月より現職となりました。

研究センター