研究者プロフィール

大藤 泰雄

research map

中央農業研究センター

病害研究領域

研究者としてのモットー

目標は全体から、実行は足下から

プロフィール

植物病理学、なかでも、カンキツグリーニング病やイネ縞葉枯病など虫媒性作物病害、ムギ類の土壌伝染性ウイルス病害の発生生態や経済的被害解析に関する研究に取り組んできました。近年は、植物防疫行政と連携して、農産物の輸出入に関係する有害動植物のリスク管理について研究してます。リスクに関係する情報全体を俯瞰しつつ個別具体的な管理点を見出すために自然科学に加えて、社会科学の視点も取り入れるように努めています。

研究センター