研究者プロフィール

竹内 正彦

research map

中央農業研究センター

虫・鳥獣害研究領域 鳥獣害グループ

研究者としてのモットー

現場でできることをひとつずつ

プロフィール

食糧生産現場の鳥獣被害を軽減するために有効な方策を研究しています。哺乳類のうち中型食肉目のキツネについて形態、生態を研究してきたことから、ツシマヤマネコの保護、マングースの制御に関わるとともに、イノシシのような大型哺乳類の管理業務も経験してきました。現在は、タヌキ、ハクビシン、アライグマなどによる畑作物、果樹被害防護技術や畜産現場での鳥獣害にも着手しています。また、対策をする人の労力、作業性を検討し、実施しやすい対策手法を見つけていくことも研究視点として重要であると考えています。

研究センター