研究者プロフィール

川崎 晃

research map

中央農業研究センター

農産安全研究統括監

研究者としてのモットー

微量元素の濃度比と安定同位体比から環境情報を探る

プロフィール

土壌-作物系における微量元素の動態に関する研究に取り組んできました。カドミウムやヒ素に関しては、作物中濃度の低減につながる研究、ホウ素とストロンチウム、鉛に関しては、それらの安定同位体比から作物の産地を推定する研究などを行ってきました。原子吸光法(AA)、誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)による無機分析を得意としています。この分野の明日を担う手法の一つとして、レーザーアブレーション分子同位体分光法(LAMIS)に注目しています。

研究センター