研究者プロフィール

中村 宣貴

research map

食品研究部門

食品加工流通研究領域 食品流通システムユニット

研究者としてのモットー

現場での問題点を意識した研究を実施する。

プロフィール

農産物流通時のロス低減、品質低下防止を実現するためには、複数の流通関連技術を組み合わせ、最適化することが必要です。 しかし、農産物は収穫後に硬さ・生理代謝などが容易に変化し、それに伴って必要とされる流通条件が変化します。そのため、流通システムの最適化は容易ではありません。
そこで、生鮮農産物を対象に、最適貯蔵条件の解明、振動が損傷に及ぼす影響の解明、追熟時の物性変化の予測モデル構築などの研究に携わってきました。現在は、生鮮農産物輸出(もしくは長期間流通)時の流通環境解析を主要な研究テーマとしております。

研究センター