研究者プロフィール

町田 幸子

research map

食品研究部門

食品生物機能開発研究領域 分子生物機能ユニット

研究者としてのモットー

功名有時無罷休

プロフィール

生体機能の模倣・再構築技術により、受容体などの膜タンパク質の機能の活用を目指す。分子シャペロンを模倣した人工シャペロンによるリフォールディング技術の開発などの実績がある。最近では、受容体等の認識機構の解明と再構築による検出・評価系の開発を進めている。
キーワード:膜タンパク質、終末糖化産物、酸化LDL、タンパク質工学

研究センター