研究者プロフィール

庄司 俊彦

research map

食品研究部門

食品健康機能研究領域 食品機能評価ユニット

研究者としてのモットー

果物の美味しさと機能性を科学的に解明したい

プロフィール

果物の機能性成分でポリフェノールの一種であるプロシアニジン類に着目し、果実の種類や産地によるプロシアニジン含有量の違いや貯蔵中の変化を解析しています。また、動物モデルやヒト試験で、リンゴポリフェノールによる肥満予防や血糖値上昇抑制などの生活習慣病を予防するメカニズムを検討しています。
大学、県公設試、民間企業との共同研究により商品開発、地域振興などに貢献します。

研究センター