研究者プロフィール

馬場(笠井) 晶子

research map

遺伝資源センター

植物多様性活用チーム 上級研究員

研究者としてのモットー

生き物の研究は先ず観察、次に手仕事、最後は愛情。

プロフィール

生命の不思議を物質レベルで説明する分子生物学に惹かれてこの道に。かつて植物特有の現象とされていた細胞の分化全能性に迫りたくて、植物細胞生理学を専門分野としてきました。植物ホルモン、形態発生、光応答、と基礎生物学を紆余曲折しながら進んだ先に、何故か、遺伝資源の扉が出現。野外調査や生物資源の保全・増殖に喜びを感じ、好きなものは、どこから観ても、どう接しても、好きなのだと実感しました。そんな生き物好きな人たちと、遺伝資源を通じて繋がりたいと思います。

研究センター