研究者プロフィール

麓 多門

research map

農業環境変動研究センター

気候変動対応研究領域 土壌炭素窒素モデリングユニット

研究者としてのモットー

全てのモデルは間違いだが、役に立つモデルはある(G. Box)

プロフィール

二酸化炭素の増加は農作物の成長を促進する反面、メタンや亜酸化窒素などの温室効果ガスの排出を増加させる恐れがあります。このような気候変動の影響を予測するために、気候変動が農業生態系の炭素・窒素循環に与える影響を計算する数理モデルを開発しています。
これまで、気象や土壌条件に応じて水田からのメタン排出量を予測するDNDC-Riceというモデルを開発しました。日本が国連に提出する報告書では、このモデルを用いて全国の水田からのメタン排出量を計算しています。

研究センター