研究者プロフィール

清家 伸康

research map

農業環境変動研究センター

有害化学物質研究領域 有機化学物質ユニット

研究者としてのモットー

化学物質問題の解決は、人の不信感の解決から

プロフィール

農業環境におけるダイオキシン類、ディルドリンやヘプタクロル類といったPOPs(残留性有機汚染物質)、現在使用されている農薬の後作物残留など、有機化学物質の土壌や作物への残留問題が生じてきました。それらの問題に対して、新たに開発した分析法や統計学を使用した動態解明、および土壌診断法といったリスク評価法を開発するとともに、作物吸収抑制などのリスク低減技術の開発を行ってきました。
これらの問題解決、すなわち食の安全の確保には、人と人とのつながりの形成した上で、その問題の特性に応じた解決法を提示する必要があると思っています。

研究センター