研究者プロフィール

冨田 秀一郎

research map

生物機能利用研究部門

新産業開拓研究領域 新特性シルク研究ユニット

研究者としてのモットー

絶対に必要な実験以外の実験はやってはいけない。

プロフィール

昆虫を材料として発生生物学の研究を、胚の形態形成を中心とする初期発生と脱皮・変態現象を中心とする後期発生の両面から行ってきました。その実験ツールとして開発した遺伝子操作技術を利用して、カイコの形質転換を通じた高機能シルクの開発及び実用化を手掛けています。
遺伝子組換えカイコの農家での飼育も秒読みとなり、これからがいよいよ正念場です。

研究センター