研究者プロフィール

亀田 恒徳

research map

生物機能利用研究部門

新産業開拓研究領域 新素材開発ユニット

研究者としてのモットー

百里の道は九十九里をもって半ばとす

プロフィール

誰も知らない、知っているけど使えない、そんな未知・未利用のシルクから、新しい素材を作る研究をしています。スズメバチの幼虫が作るシルク(ホーネットシルク)から、使える物を作ることに、世界で初めて成功しました。ホーネットシルクの芸術的な分子構造や驚異的な物性を解明し、自然のすばらしさを知り、伝えてきました。
海外貢献も積極的。貧困農家をシルクで救うため、ケニアに養蚕業を普及させるための共同研究開発事業にプロジェクトリーダーとして参画。

研究センター